実は簡単!自宅で腰痛改善エクサとは|骨盤を整えると腰痛改善するの!? - たか接骨院・たか接骨院梅郷院

実は簡単!自宅で腰痛改善エクサとは|骨盤を整えると腰痛改善するの!?

自宅でできる腰痛予防とケア方法

腰痛予防とケアのためには、日常生活の中で適切な姿勢を維持し、ストレッチや適度な運動によって体を柔軟に保ち、インナーマッスルを強化することが重要です。以下に、これらの要素を具体的に深掘りして説明します。

正しい姿勢の重要性と習慣化

骨盤の歪み

ストレッチと適度な運動の役割

インナーマッスルの強化

これらの予防とケア方法は、腰痛のリスクを減少させ、既に痛みを感じている場合でも症状の悪化を防ぐのに有効です。しかし、運動やストレッチは無理なく継続することが大切であり、不安な場合はより運動器の専門家の指導を受けることをお勧めします。

接骨院や整骨院は、骨格や筋肉の問題など、特に運動器の障害に対する専門的な治療を行うところです。たか接骨院は腰痛専門ですし、骨盤矯正にも力を入れておりますので、骨盤矯正でも腰痛改善はできます。特に出産して骨盤の損傷や、育児によると腰痛なども数多くの改善実例も多数あります。たか接骨院が提案する腰痛対策の新常識について、下記に具体的な内容を深掘りして説明いたしますね。

骨盤矯正で腰痛を改善できること。体の健康や姿勢を保つため、さらに腰痛緩和、予防、美容目的としてもとても重要なケアの一つです。自宅での簡単なストレッチから、専門家の施術まで、骨盤のケア方法は様々ありますが、日常生活の中で少しの時間で骨盤矯正ケアに取り組むことで、より健康な体を手に入れることができます。

どのようにして出産後からの腰痛が出るのか

腰痛

妊娠中からお腹が重たくなることでどんどん反り腰になります。背骨に負担がかかり、仙腸関節部分もホルモンの影響で開いてきますから動きが制限されたり、靭帯が擦れて炎症したりすることで痛みが発生します。妊娠中からのホルモンの影響でその骨盤の関節と言われる

仙腸関節部分が緩むことは知られています。

・出産後の腰痛の原因の一つに考えられるもの

https://cir.nii.ac.jp/crid/1390001288158250752

引用元:妊娠期における運動開始時期と分娩後仙腸関節痛の関連性について/公益社団法人 日本理学療法士協会

抜粋しますと

《妊娠期には50%以上の妊婦において腰骨盤周囲痛を発症し、産後においても45%の産婦が継続して痛みを訴えている。産後腰痛の多くが仙腸関節部の緩みやズレを原因とする仙腸関節痛であると報告されており、産後の仙腸関節痛の予防は妊婦にとってQOL(Quality of life)やAD(Activities of daily living)を損なわない為にも重要である。》としています。

それが産後腰痛の痛みの原因の一つでもあります。

さらには姿勢に関わる筋肉としてもお尻の筋肉の大臀筋、中臀筋、小臀筋、梨状筋など太ももの縫工筋や薄筋などの筋肉も影響します。ハムストリングスなどの筋肉も硬くなります。背中の脊柱起立筋や仙骨にある多裂筋なども腰痛の原因になります。育児、家事での疲れで

ぎっくり腰に近いような胸痛が起きやすくなります。

だからこそ、骨盤矯正と腰痛は関連性があり、改善例が多い理由です。

国家資格を持った柔道整復師、もしくは骨盤矯正のプロ、産後ケア施術回数が多い先生に治療を任せることが重要です。生活習慣改善も行い、体の健康、美容を維持することが大切です。千葉野田市で骨盤矯正、腰痛改善なら【たか接骨院】がたくさんの改善例がありますので、ぜひご相談ください。

LINEご相談・予約はこちら

さらにお得な予約ならホットペッパーから

インスタグラムも更新中!